自分の時間が充実する 楽しい手作り!趣味の手芸

自分の時間が充実する 楽しい手作り!趣味の手芸 > 編み物 > 棒針の基本的な編み方

棒針の基本的な編み方

スポンサーリンク

編み物は編み方によって平になったり、凹凸ができたりと様々な表情を出すことができますが、まずは基本的な編み方を紹介します。

メリヤス編み

メリヤス編みとは表目だけの編地のことです。1段目は表を見て編み、2段目は裏を見て編むというように、1段ごとに表目と裏目を交互に編みます。

裏メリヤス編み

メリヤス編みの逆で裏目だけの編み地です。1段目はメリヤス編みと同様のやり方で編み始めますが、2段目は裏を見て編みます。1段ごとに裏目と表目を交互に編みます。

ガーター編み

ガーター編みは表目と裏目が1段ずつ交互になった編み地です。表を見て編む段・裏を見て編む段とも表目だけで編む手法です。

1目ゴム編み

これまで紹介した編み方は1段ずつ表目ならば表目で、裏目ならば裏目で編むことになっていますが、ゴム編みの場合は表目と裏目を一目ずつ交互に編みこむ編地です。表目と裏目交互に編むことで、伸縮性が出てくることからゴム編みと呼ばれています。伸縮性があるので、袖口やタートルネックのタートル部分などに適した編み方です。

2目ゴム編み

表目と裏目を縦に2目ずつ交互に編む編み地です。2目ずつになるので、縦縞のような凹凸が1目ゴム編みよりも太くなり、ざっくりとした印象になります。

ところで、棒針の持ち方には糸を左手の人差し指にかけて編むフランス式と糸を右手の人差し指にかけて編むアメリカ式とかあるのを語人事でしょうか。右手にかけるアメリカ式の法が比較的編み目がきれいになるようです。

ウェブマスターお勧めのサイトをご紹介

Copyright (C)2018自分の時間が充実する 楽しい手作り!趣味の手芸.All rights reserved.

↑このページの上部へ